ガスコンロによる火災事故に注意

平成28年3月1日(火)から3月7日(月)まで 『平成28年春季全国火災予防運動』が実施されています。
この機会に、安全のため、ご自宅のガスコンロ等の周辺に可燃物を置いたり、グリル汚れなど放置されて
いないか改めて確認をお願いします。
東京都生活文化局では、ガスコンロによる住宅火災の未然防止の為、このほど調査を実施、
ガスコンロの安全な使用に関する調査結果の発表とともに注意をよびかけています。
発表内容には、コンロ周辺におかれた可燃物、着衣への着火による事故事例が多数報告されています。
また、アンケートではガスコンロ使用中に「着火した」、「着火しそうになった」と回答した人が
21.9%もいることから、ご使用時の注意と共に、防炎製品のエプロンやアームカバーの使用など
呼びかけています。
詳しくは 以下をご覧ください。

東京くらしWEB(東京都)
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/test/gaskonro_press.html


また、当会でもホームページでガスコンロの安全な使用を呼び掛けています。
ホームページ関連サイト(日本ガス石油機器工業会)
http://www.jgka.or.jp/consumer/gasu-riyou/anzen-gasu/tyouri/gasukonro/index.html

同じく、着衣着火など含む啓発動画を、動画サイトに掲載していますので、ぜひこちらもご覧くだ
さい。
http://www.jgka.or.jp/consumer/gasu-riyou/anzen-gasu/short-conte/index.html