ガス開放式小型湯沸器の安全な使い方

誤った使い方、いくつか見えますが、その他にも注意事項はあります。正しく使わなければまさかの火災やケガ、事故につながる恐れがあります。

一日に何度も使うガス開放式小型湯沸器。
長期間使用した製品は事故発生のおそれあり!点検が義務づけられていることご存知でしたか?
ガスを燃やすためには十分な換気が必要で、誤った使い方をしてしまうと、一酸化炭素(CO)中毒などの危険もあります。
今まで大丈夫だったと思わず、正しくお使いいただけているか今一度確認してみませんか?

ガス開放式小型湯沸器の安全な使い方 ガス開放式小型湯沸器の安全な使い方

注意事項

長期使用した※機器は点検を依頼する。(この機器は、長期使用製品安全点検制度の対象機器です。)

※めやす10年(詳しくは取扱説明書を確認してください。)
長期間使用すると、機器の劣化や磨耗により、火災やけがの原因になることがあります。必ず点検を受けましょう。(点検は有料です)
詳しくはメーカーにお問い合わせください。

この機器は「消費生活用製品安全法」により、点検が義務づけられた「長期使用製品安全点検制度」の対象機器(特定保守製品)です。
長期間使用した機器は買い換えをお勧めします。

湯沸器使用時には必ず換気をする
湯沸器使用時には必ず換気をする

ガス開放式小型湯沸器をご使用になる場合は、必ず換気扇を回すか窓を開けて換気を行ってください。

ガスが燃えるには、新鮮な空気が必要です。
換気が不十分な状態で使用すると不完全燃焼による、一酸化炭素(CO)中毒を起こし、死亡事故にいたるおそれがあります。

※ガス開放式小型湯沸器とガス又は石油ファンヒーター・ストーブを同時に使用していると、安全装置がはたらき燃焼停止することがあります。
その時は必ず換気してから使用してください。

浴槽、シャワー、洗濯機への給湯は禁止
浴槽、シャワー、洗濯機への給湯は禁止

おふろへのお湯はりやシャワーに使用したり、洗濯機へお湯を入れるなど長時間使用すると、室内の空気を汚染して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

使用中燃焼停止した時の注意
使用中燃焼停止した時の注意

使用中、安全装置が働き火が消えた時は、一酸化炭素(CO)が発生しています。
くり返し再点火して使用すると、一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

設置は販売店や設置業者に依頼し、自分で設置しない

この機器の取り替えや設置には資格が必要です。設置は販売店や設置業者に依頼し、ご自分で設置しないでください。

機器の周囲には可燃物をおかない
機器の周囲には可燃物をおかない

小型湯沸器の排気口や吸気口の近くに、タオルなどをおかないでください。
機器の周辺は熱くなるおそれがあり危険です。

機器近くでのスプレー缶使用やガス抜きなどは行わない

機器近くでのスプレー缶使用やガス抜きなどは行わないでください。噴出剤として使用している可燃性ガスに引火して火災となるおそれがあります。

機器の異常を感じたら使用を中止する
機器の異常を感じたら使用を中止する

使用中に火が消えたり、イヤな臭いがしたり炎の色が黄色になっている場合は異常です。
直ちに使用を中止してガス機器販売店、またはメーカーのお客様相談窓口にご相談ください。

機器本体に故障表示された場合は使用を中止する

機器本体に故障表示された場合は、使用を中止し、取扱説明書の指示に従って、対処してください。

動画や冊子のご紹介

ご使用中は必ず換気を(ガス小型湯沸器、ガス暖房機)

ご使用中は必ず換気を(ガス小型湯沸器、ガス暖房機)

換気が不十分な場合、一酸化炭素(CO)中毒のおそれも。安全性が向上したガス機器へのお取替えもおすすめ。

安全チェックのポイント(ガス給湯機器,ガスふろがま)(PDF:1.71MB)

安全チェックのポイント(ガス給湯機器,ガスふろがま)(PDF:1.71MB)

一酸化炭素(CO)中毒を防ぐため、お家の機器をチェックしてみませんか?

ガス給湯器点検・取替えの目安は10年(PDF:1.10MB)

ガス給湯器点検・取替えの目安は10年(PDF:1.10MB)

長く使っている機器は、重大な事故発生のおそれも。経年劣化していないかチェックしてみませんか?

ガス湯沸器が経年劣化!?

ガス湯沸器が経年劣化!?

経年劣化を分かりやすく動画でご紹介!長く使っているガス湯沸器は経年劣化のサインがなくても点検を。

長くお使いの場合は安全点検を

長期間使用された機器は、安全にご利用頂くためにも、「法定点検」や、メーカーがおすすめする「あんしん点検」をぜひ受けましょう。

もしも異常を感じたら

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」