一酸化炭素(CO)中毒に注意!

一酸化炭素(CO)中毒とは

ガス機器や石油機器が正常な燃焼を行うためには充分な空気(酸素)が必要ですが、正しく使わないことで酸素が不足して不完全燃焼を起こすと、一酸化炭素(CO)という有毒なガスが発生します。

一酸化炭素(CO)は色も臭いも無く、毒性が強い気体のため、ほんの少しでも吸い込んでしまうと気づかないうちに中毒になる危険があります。
一酸化炭素(CO)中毒の最初の症状は風邪に似ていて、なかなか気づきにくく、次第に頭痛、吐き気がしてきて、手足がしびれて動けなくなり、重症になると、人体に強い機能障害を起こしたり、意識不明になって死にいたることもあります。

空気中の一酸化炭素(CO)濃度と中毒症状(作業環境測定便覧より)
CO(%) 呼吸時間および症状
0.02% 2~3時間内に軽い頭痛
0.04% 1~2時間で前頭痛、2.5~3.5時間で後頭痛
0.08% 45分で頭痛、めまい、吐き気、2時間で失神
0.16% 20分で頭痛、めまい、吐き気、2時間で失神
0.32% 5~10分で頭痛、めまい、30分で致死
0.64% 1~2分で頭痛、めまい、10~15分で致死
1.28% 1~3分で死亡

機器ご利用にあたってのご注意

長期使用した製品は、不完全燃焼により一酸化炭素(CO)中毒のおそれ

長期使用した製品は、不完全燃焼により一酸化炭素(CO)中毒のおそれ

不完全燃焼防止装置の無い、室内開放型(燃焼ガスが室内に出るタイプ)湯沸器は、経年劣化により不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒のおそれがあり、大変危険です。長期使用した製品は、必ず点検を受けてからご使用いただくようお願いします。
(不完全燃焼防止装置は技術省令で1989年以降の製品に搭載が義務付けられています。)

ご使用中は必ず換気をしてください

ご使用中は必ず換気をしてください

ガス機器や石油機器が正常な燃焼を行うために、燃焼で使った空気(酸素)を外から補給するための換気が必要となります。
コンロや小型湯沸かし器ご使用中は、換気扇を回すか窓を開けてください。
暖房機器をご使用の際は、窓の大きさにもよりますが、一般的には1時間に1~2度は部屋の窓を開けて換気をしてください。
また、温水機器について排気筒付近の窓からの排気ガスの浴室への進入などご利用の際には注意が必要です。


各機器の安全な使い方を改めて確認しておきましょう。

ガス機器の安全な使い方一覧へ

石油機器の安全な使い方一覧へ

冊子・動画もチェックしてみましょう!

動画でチェック「CO中毒について動画で学ぼう」

動画でチェック「CO中毒について動画で学ぼう」

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「ご使用中は必ず換気を(ガス小型湯沸器、ガス暖房機)」

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「ご使用中は必ず換気を(ガス小型湯沸器、ガス暖房機)」(PDF:2.48MB)

もしも異常を感じたら

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」