ガス・石油危機、長く使用していると「経年劣化」が起こります!

長期間使用した製品は事故発生のおそれ


安全上支障なく使用できる期間、「設計標準使用期間(設計上の標準使用期間)」(※1)がそれぞれ定められています。その期間を過ぎると、経年劣化により事故が発生するおそれがあります。
※ガスコンロ、ガス・石油ストーブ、ファンヒーターには設定されていません。
※一般の温水機器は8~10年に設定されています。機器によって異なりますので、メーカーにお問い合わせください。
長期間使用した製品は事故発生のおそれ
点検員
長期間お使いの製品は点検を受けましょう!

特定保守製品には「法定点検」が定められています。
お客様からの希望で点検を行う「あんしん点検」もあります。

特定保守製品法定点検

特定保守製品以外の製品あんしん点検

お客様がお使いの製品は?
ガス機器
下記、橙枠は特定保守製品ではありません。メーカーがおすすめする「あんしん点検」の対象製品となります。
石油機器

ページTOP↑

法定点検
機器購入から法定点検までの流れ
販売・引渡時の説明
機器購入から法定点検までの流れ1
販売事業者が点検制度について所有者に説明(義務)します。
所有者登録
機器購入から法定点検までの流れ2
登録は製品に同梱されている所有者票に必要事項をご記入の上、メーカーへ返送してください。メーカーで所有者登録を行います。
法定点検(有料)のご案内
機器購入から法定点検までの流れ3
点検期間に近づくと点検通知が届きます。(所有者登録をされた方)
所有者票
法定点検(有料)のお申し込み
点検の依頼方法は、点検通知に記載されていますので、それに従ってご依頼をお願いします。
所有者登録がお済みでなく点検通知が届いていない方もお申し込みができます。
詳しくはメーカーまでお問い合わせください。
「点検時期お知らせ機能」によりリモコンやランプでお知らせする製品もあります。お知らせがあった場合はメーカーに点検をお申し込みください。
専門の点検員が法律で定められた点検基準にもとづき法定点検(有料)を行います
点検は、専門の点検員(点検員資格制度にもとづく有資格者)が行います。
修理や機器の交換が必要な場合には別途修理・整備を受けてください。安全にご使用いただくために点検後も継続してこまめな点検(1~2年)をおすすめしています。
点検制度の対象製品は、平成21年4月以降製造された特定保守製品です。 それ以前に製造された特定保守製品の点検はメーカーにお問い合わせください。
製品安全ガイド
※長期使用製品安全点検制度は消費生活用製品安全法により定められています。 詳しくはこちら(経済産業省のページにジャンプ)

ページTOP↑

あんしん点検
「あんしん点検」の依頼
点検(有料)のお申し込み
お客様からメーカーへ直接連絡をして点検をお申し込みください。
「点検時期お知らせ機能」によりリモコンやランプでお知らせする製品もあります。お知らせがあった場合はメーカーに点検をお申し込みください。
専門の点検員が法定点検に準じた点検を行います。
点検の依頼2
点検は、専門の点検員が法定点検の点検基準に準じ行います(有料)。
修理や機器の交換が必要な場合には別途修理・整備を受けてください。

ページTOP↑

設計標準使用期間(設計上の標準使用期間)について

特定保守製品には、「設計標準使用期間」(法定用語)が定められています。

設計標準使用期間とは、適切な取り扱いや維持管理にて標準的な使用条件の下で使用した場合に安全上支障なく使用することが出来る期間として設計上設定される期間で、機器ごとに設定されるものです。(消安法第32条の3)この時期になりましたら法定点検を受けるようお願いします。

屋外式ガス温水器は特定保守製品ではありませんが同様に「設計上の標準使用期間」(法定用語とは使い分けています)が設定されています。こちらも期間になりましたら、あんしん点検をお受けください。

設計標準使用期間の算定の根拠

設計標準使用期間の算定の根拠
※詳しくはクリックして別ウィンドウでご確認下さい。
ガス・石油機器の設計標準使用期間についてはJIS S2071等に定められた 標準使用条件、試験条件にて耐久テストを行い定められます(ガス温水器の例を左に示します)。 標準使用条件を超える使用頻度や使用環境によっては定められた設計標準使用期間より早く経年劣化する可能性があります。

「点検時期お知らせ機能(タイムスタンプ)について」

「点検時期お知らせ機能(タイムスタンプ)について」
【例】 運転ランプの点滅
「点検時期お知らせ機能(タイムスタンプ)について」
【例】 リモコンの"888"表示
機器によっては、点検時期をお知らせする機能がついているものがあります。設計(上の)標準使用期間経過後、又は相当する使用回数等を越えると、機器の運転ランプやリモコンのエラー表示などにより点検時期をお知らせします。表示方法はメーカー、機器によって異なりますので、詳しくは取り扱い説明書をご覧ください。点検時期お知らせ機能が表示されたら、メーカーに点検をお申し込みください。