調べたい石油機器システムは何ですか?
  • 石油ストーブ・石油ファンヒーター
  • FF式石油暖房機
  • 石油給湯機
いつ製造されたものですか?
(機器に表示されている「製造年※」をご確認ください)
  • 2009年以降
  • 2001~2008年
  • 表示されていない、または2000年以前
    ※2000年以降に生産された製品には製造年が表示されています
次のようなことはございませんか?
  • 特に異常はない。
  • なかなか点火しない。煙が出る。
  • 炎が大きくなったり小さくなったりする。
  • 油のニオイや油にじみがある。
  • (ファンヒーターの場合) 時々「エラーコード」が出る。
次のようなことはございませんか?
  • 特に異常はない。
  • なかなか点火しない。給排気筒から煙が出る。
  • 燃焼音が大きい。変なニオイがする。
  • 油もれがしたり、ゴムホースにひび割れがある。
  • 時々「エラーコード」が出る。
次のようなことはございませんか?
  • 特に異常はない。
  • なかなか点火しない。給排気筒から煙が出る。
  • 燃焼音が大きい。変なニオイがする。
  • 油もれがしたり、ゴムホースにひび割れがある。
  • 時々「エラーコード」が出る。
  • お湯の温度が安定しない。

あなたの家の石油機器は、製造されて3年以内のものです。
取扱説明書に記載されている日常点検やお手入れの仕方をご覧になって、大切にお使いください。

あなたの家の石油機器は、3年以上、お使いのものです。
今、調子が良くても、そのまま使い続けていると、思わぬ事故が発生することがあります。お買上げの販売店にお問い合わせの上、定期点検を受けることをおすすめします。

事故に至るケースの多くが調子が悪いまま使い続けた結果によるものです。
機器は日常のお手入れも必要です。まず、取扱説明書をご覧になって、該当する原因がないかをご確認の上、お買上げの販売店にお問い合わせください。

新しいFF式暖房機や石油給湯機には一定の時期(8年~10年)で法定点検することとなっています。もし、今お使いの機器がその時期に来ていましたら、経年劣化によるトラブルを回避するにはメーカーによる点検をおすすめします。

事故に至るケースの多くが調子が悪いまま使い続けた結果によるものです。
お買上げの販売店で、修理をご依頼ください。機器の寿命は「10年」を目安にお考えください。10年以上たっていたら、より安全な新しい製品に買い換えることをご検討されてはいかがでしょうか。

あなたの家の石油機器は、製造されて10年以上たつものです。
特に異常がないとしても製品の劣化が進んでいます。
また、購入されて6年以上たつものは部品が保有されていない場合があります。
トラブルを未然に防ぐため、そろそろ新しい機種への買い替えをご検討いただいてはいかがでしょうか。

メーカーのホームページはこちら

  • Aladdin
  • CORONA
  • DAINCHI
  • CHOFU
  • TOYOTOMI
  • NISSEI

メーカーのホームページはこちら

  • CORONA
  • サンポット
  • CHOFU
  • TOYOTOMI

メーカーのホームページはこちら

  • CORONA
  • サンポット
  • CHOFU
  • 長府工産株式会社
  • NORITZ
HOME