不良灯油の使用禁止

不良灯油[変質灯油(持ち越した灯油など)・不純灯油(汚れた灯油、水の混じった灯油など)]、は絶対に使用しないでください。
不完全燃焼や異常燃焼など、予想しない事故が発生するおそれがあります。異常燃焼や故障の原因になります。

不良灯油の使用によるトラブル例

見分け方・正しい保管の仕方

不良灯油を使って悪くなったしん

ストーブのしんは、灯油を吸い込ませて気化させ、そこに火をつけるための商品です。そのしんに、不良灯油が吸い込まれると点火不良や不完全燃焼を起こし、異臭の発生やススがでるような燃え方をする場合があります。

使用前のしん

•使用前のしん

※メーカー純正しんを使用してください。

正常燃焼した場合のしん

•正常燃焼した場合のしん

しんの先端は茶色くなりますが、編み込み部もかたくなく、タールの付着も見られない。

不良灯油を使った場合のしん

•不良灯油を使った場合のしん

しんの先端や編み込み部はかたく太っていて、編み込み部にタールが付着している。(例1)
また、しんの先端は白っぽく、編み込み部はかたく太っていて、タールが付着している。(例2)

不良灯油の見分けかた

•正常灯油

〇透明である
〇不純物の混入がない
〇灯油の臭いがする

不良灯油の見分けかた

•変質灯油

〇昨シーズンより持ち越した灯油
〇温度の高い場所で保管した灯油
〇日光のあたる場所で保管した灯油
〇乳白色のポリタンク(水用)で保管していた灯油
〇容器のふたが開けてあった灯油

不良灯油の見分けかた

•不純灯油

〇水やごみなどが混入した灯油
〇ガソリン、軽油、シンナー、機械油、天ぷら油などが混入した灯油
〇灯油以外の油を入れたことのある容器に保管した灯油
〇水抜剤や助燃剤を添加した灯油

不良灯油の見分けかた

※保管状態によっては、色が着いていなくても変質灯油になっている場合があります。

正しい灯油の保管方法

♦保管場所

火気・雨水・ごみ・高温・日光を避けた場所で保管する。
(翌シーズンに持ち越さない)

火気・雨水・ごみ・高温・日光を避けた場所で保管する。(翌シーズンに持ち越さない)

♦保管ポリタンク

紫外線を通しにくい色付の灯油用ポリタンク(推奨マーク付)を使用する。
乳白色のポリタンク(水用)は使用しない。

紫外線を通しにくい色付の灯油用ポリタンク(推奨マーク付)を使用する

♦ホームタンク

ホームタンクを使用しているときは、年に数回、水抜きを行う。

ホームタンクを使用しているときは、年に数回、水抜きを行う

♦ポリタンク用カバーを推奨する。

シーズン中に使用する灯油の変質を防ぐには、市販のポリタンク用カバーを使用することをお奨めします。
(灯油は屋内で保管すること)

ポリタンク用カバーを推奨する。

♦屋外でのドラム缶の保管は控える。

栓のすき間から水が混入したり、さびが発生します。やむなくドラム缶で保管するときは、カバーを掛けるなどしてください。
給油時は、水・さびなどの混入がないことを確認してください。

屋外でのドラム缶の保管は控える。

冊子・動画もチェックしてみましょう!

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「石油燃焼機器のQ&A」

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「石油燃焼機器のQ&A」

動画でチェック「石油暖房機を安全に正しくつかう8つのポイント」

動画でチェック「石油暖房機を安全に正しくつかう8つのポイント」

少しでもおかしいと思ったらお買い上げの販売店または、専門業者の方にご相談ください。

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」