その他石油機器(石油こんろなど)の安全な使い方

誤った使い方、いくつか見えますが、その他にも注意事項はあります。正しく使わなければまさかの火災やケガ、事故につながる恐れがあります。

お部屋の中でお使いになる石油こんろ。
給油時やお出かけの際、必ず消火されていますか?
確実に確認をしないと火が消えていないなどの危険もあります。
正しくお使いいただけているか、今一度使い方を見直してみませんか?

その他石油機器(石油こんろなど)の安全な使い方 その他石油機器(石油こんろなど)の安全な使い方

注意事項

<絶対に使用しないでください>
石油機器へのガソリン、混合油の使用厳禁・不良灯油の使用禁止

石油機器への
ガソリン、混合油の使用厳禁

火災の原因になります。
石油燃焼機器には必ず灯油をご使用ください。
ガソリンや混合油は絶対に使用しないでください。 見分け方ポリタンクでの保管禁止 安全に使用するための詳しい情報を見る

不良灯油の使用禁止

不完全燃焼や異常燃焼など、予想しない事故が発生するおそれがあります。
不良灯油[変質灯油(持ち越した灯油など)・不純灯油(汚れた灯油、水の混じった灯油など)]は絶対に使用しないでください。 見分け方保管の仕方 安全に使用するための詳しい情報を見る

機器の周囲や上に可燃物(洗濯物等)をかけない
機器の周囲や上に可燃物(洗濯物等)をかけない

機器の周囲や上に、洗濯物などの燃えやすいもの掛けて乾燥しないでください。
乾燥して軽くなった洗濯物などが対流熱による上昇気流で外れ、暖房機の上に落ちて火災になります

機器の異常を感じたら使用を中止する

異常を感じた場合はただちに使用を中止し、販売店などに連絡し点検・修理を依頼してください。

鍋、やかん、フライパンの空だき厳禁
鍋、やかん、フライパンの空だき厳禁

なべ、やかん、フライパンなどは空だきしないでください。
空だきすると内部に熱がこもり、火災になるおそれがあります。

給油時は消火する

給油時は石油コンロを必ず消火し、火の気のないところで油量計を見ながら給油してください。

寝る時・外出時は消火する

寝るときや外出するときは、必ず消火してください。
不完全燃焼や異常燃焼など、予想しない事故が発生するおそれがあります。
また、消火の際は確実に火が消えていることをご確認ください。

1時間に1~2回程度換気をする

石油こんろの使用中は、1時間に1~2回(1~2分)程度換気を行ってください。換気は2ヶ所以上の(風の出入のある)開口部を設けると効率良くできます。
石油こんろは、室内の空気を使って燃焼するため、換気が不十分だと室内の酸素が減少し、不完全燃焼による一酸化炭素(CO)中毒にいたるおそれがあります。

もしも異常を感じたら

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」