アウトドア用ガス器具の安全な使い方

注意事項

テント内ではランタン、こんろ等のガス器具を絶対に使用しない
テント内ではランタン、こんろ等のガス器具を絶対に使用しない

屋外専用です。屋内・車内・テント内等で使用すると、一酸化炭素中毒死や酸欠による窒息死の恐れがあります。
※屋外であっても狭い空間では換気にご注意ください。

こんろ等を2台以上並べて使用しない
こんろ等を2台以上並べて使用しない

こんろ等を2台以上並べて使用すると、ガスカートリッジが過熱し、爆発等の恐れがあります。

こんろで炭火等をおこさない
こんろで炭火等をおこさない

こんろで炭火をおこすと輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

ガスカートリッジを、火気や他の熱源(ヒーター、こんろ等)の近くに置かない
ガスカートリッジを、火気や他の熱源(ヒーター、こんろ等)の近くに置かない

空になったガスカートリッジでも微量のガスが残っています。
このガスカートリッジを火の中に投げ入れたり、他の熱源の近くに置いたりすると、過熱し爆発等の恐れがあります。

ガスカートリッジは再充てんしない
ガスカートリッジは再充てんしない

再充てん行為及びその再充てんされたガスカートリッジの使用については、ガスもれ、爆発等の危険性が高く、安全を確保することができません。

砂浜、河原、舗装路面等ではガスカートリッジを放置しない
砂浜、河原、舗装路面等ではガスカートリッジを放置しない

炎天下の砂浜、河原、舗装路面等は非常に高温になっています。
ここで、ガスカートリッジを放置したりすると、過熱し爆発等の恐れがあります。

ガスカートリッジは高温になる車内等には放置しない
ガスカートリッジは高温になる車内等には放置しない

直射日光の当たる車内等は高温になっています。
その中にガスカートリッジを放置すると、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

風よけのためであっても、ガス器具及びガスカートリッジ全体を囲み、ガスカートリッジが過熱するような使用をしない
風よけのためであっても、ガス器具及びガスカートリッジ全体を囲み、ガスカートリッジが過熱するような使用をしない

ガス器具及びガスカートリッジ全体を囲んで使用すると、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

こんろで輻射熱が大きい調理器具を使用しない
こんろで輻射熱が大きい調理器具を使用しない

大きい鉄板、魚焼き器、セラミック付き製品等の調理器具は輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

冊子のご紹介

ガス器具は正しく使って安全で楽しい楽しいキャンプを(キャンプ用こんろ,ガスランタン)(商品同梱)(PDF:990KB)

ガス器具は正しく使って安全で楽しい楽しいキャンプを(キャンプ用こんろ,ガスランタン)(商品同梱)(PDF:990KB)

重大な事故やケガにつながる恐れも。正しくお使いいただけているか確認してみましょう。

テントやカタツムリの中で火気を絶対使わない(ワカサギ釣りでの注意)(PDF:1.19MB)

テントやカタツムリの中で火気を絶対使わない(ワカサギ釣りでの注意)(PDF:1.19MB)

テントの入口を開けていても危険!一酸化炭素中毒を起こさないようご注意を。

もしも異常を感じたら

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」