ガソリン、混合油の使用厳禁

石油燃焼機器には必ず灯油をご使用ください。

ガソリンや混合油は絶対に使用しないでください。火災の原因になります。

石油燃焼機器には必ず灯油をご使用ください。ガソリンや混合油は絶対に使用しないでください。火災の原因になります。
※混合油 「油」という言葉がつきますが、成分はほぼガソリンです。草刈機やチェーンソーなどオイルタンクのない器具の燃料として使われます。そのため、エンジンが焼き付かないようガソリンと潤滑用オイルを25:1や50:1の比率で混合しており、間違えて石油燃焼機器の燃料として使用した場合、大きな炎があがり火災となる事故が起きています。また、混合ガソリンとも呼ばれています。

参考:総務省消防庁ホームページ ガソリン等危険物の事故防止について (2)危ない! 誤給油をご覧ください。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/gasoline/keihatu.html

見分け方・正しい保管の仕方

灯油とガソリンや混合油の見分け方

指先に燃料をつけて息を吹きかける。(火の気の無い所で行ってください。)

灯油

【灯油】蒸発しません。

ガソリンや混合油

【ガソリンや混合油】蒸発します。
ガソリンや混合油は絶対に使用しないでください。

灯油用ポリタンクでガソリンや混合油を保管しない

灯油用ポリタンクでガソリンや混合油を保管しない

毎年、灯油と間違えてガソリンや混合油を誤給油してしまい火災となる事故が起きています。
このため、灯油用のポリタンクにガソリンや混合油を入れ、運搬・保管することは、法律で禁止されています。絶対に止めましょう。

参考:総務省消防庁ホームページ ガソリン等危険物の事故防止について (2)運搬・保管の際は!?をご覧ください。

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/gasoline/keihatu.html

冊子・動画もチェックしてみましょう!

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「石油燃焼機器のQ&A」

冊子・チラシを手元に置いておきましょう「石油燃焼機器のQ&A」

動画でチェック「石油暖房機を安全に正しくつかう8つのポイント」

動画でチェック「石油暖房機を安全に正しくつかう8つのポイント」

誤って石油機器にガソリンを給油してしまったときは

ただちにお買い上げの販売店 にご連絡ください。

もしも異常を感じたら

もしも異常を感じたら、ご使用を中止して取扱説明書をお読みいただき、正しい使い方をご確認ください。
修理や点検が必要な場合は、ご連絡ください。

「ガス機器・石油機器の安全な使い方」