ガス温水機器

ご使用前に取扱説明書を必ずお読みください。

ガスふろがま

1 2 3 4 5 6 7

ガス栓・ガス接続具

注意事項

注意事項の詳細

めやす10年(詳しくは取扱説明書を確認してください。)

長期間使用すると、機器の劣化や磨耗により、火災やけがの原因になることがあります。
必ず点検を受けましょう。(点検は有料です)
詳しくはメーカーにお問い合わせください。

この機器は「消費生活用製品安全法」により、点検が義務づけられた「長期使用製品安全点検制度」の対象機器(特定保守製品)です。
「ガス・石油機器の長期使用による経年劣化」の詳しい説明はこちら

長期間使用した機器は買い換えをお勧めします。

ページ上部へ

高温のお湯によるやけどに注意

必ず行う

シャワーや上がり湯の使い始めの時や使った後は、熱いお湯が出ることがあります。
体にかける前には必ず手で湯温を確認してください。
おふろに入る時は、よくかきまぜて湯温を手で確認してください。
また、お風呂をわかしているときは循環口から熱いお湯が出るので、さわらないでください。

ページ上部へ

排気筒や排気ガスによるやけどに注意

高温注意

使用中や使用直後は、ふろがまや排気筒にはさわらないでください。非常に熱くなっていますのでふれるとやけどします。
ご注意ください。

ページ上部へ

浴室内設置のふろがまは排気の逆流に注意

注意

浴室内に設置されている排気筒(煙突)式ガスふろがまを使用している時は、小型湯沸器や台所や脱衣場の換気扇を使用しないでください。
浴室内に排気ガスが逆流して一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

ページ上部へ

排水口のつまりに注意

排水口がつまり、ふろがまが水に浸かっていると機器内に水が侵入して、炎があふれ、点火しにくくなったり、故障や火災の原因になります。
排水口が少しでもつまっていたら掃除をしてください。

注意
浴そう水の排水時・洗濯機からの排水時には、特に排水口のつまりにご注意ください。 排水口が少しでもつまっていたら掃除してください。
ページ上部へ

異常着火に注意

何回も点火操作しないと口火(たね火)がつかなくなった場合には、機器内に生ガスがたまり、爆発着火して損傷(変形)したり、大きな爆発音がするので、大変危険です。

注意
着火してない時は再操作をやめ、つまみを消火(止)の位置に戻して、生ガスが排出されるまで約5分間待ってください。 点火確認窓から口火(たね火)がついていることを確認してください。
バランス型ふろがま(BF式ふろがま)

古いバランス型ふろがまから安全性が向上した
新しい機器への取替えのおすすめ

異常着火を防ぐために、古いバランス型ふろがまは確実に点火することができる安全性が向上した新しいガス機器へのお取替えをおすすめします。

<おすすめ機器(1):乾電池を使用したバランス型ふろがま>

乾電池とマイコン制御によって点火する能力が上がり、確実に点火することができ、未燃ガスの滞留を防ぐことができます。電池切れで点火能力が一定以下に低下すると、機器が停止し、ガスが出なくなるなど安全性が向上しています。

平成23年4月以降にメーカー出荷されたバランス型ふろがまは、すべて乾電池とマイコン制御に変わっています。

<おすすめ機器(2):壁貫通型給湯付ふろがま>

バランス型ふろがまの給排気筒の部分に、給排気筒と同じ大きさの給湯付ふろがまを設置できます。点火操作などの制御をすべて自動的に行い、点火する能力が高いため確実に点火することができます。点火できなかった場合でも未燃ガスを排出する機構を有しているため、安全性がさらに向上しています。
なお、バランス型ふろがまを設置していた部分に機器がなくなるため、浴槽を広くすることもできます。

ページ上部へ

給排気筒(トップ)をふさがない

禁止

積雪や鳥の巣、落ち葉などで給排気筒(トップ)がふさがれたり、詰まったりしないように注意してください。
ふさがれると排気ガスが室内に逆流して、一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

ページ上部へ

外壁などを塗装する際に排気口(排気筒トップ、給排気筒トップ)が養生シート(ビニールシート)などで囲われている時は、機器を使用しないでください。
不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒や火災の原因になります。

禁止
ページ上部へ
禁止

屋内設置式の機器で排気口(排気筒トップ、給排気筒トップ)を波板やビニールなどで囲わないでください。
不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒や火災になります。

ページ上部へ

排気ガスの浴室侵入に注意

注意

おふろをわかしている時やシャワーを使っている時は、ふろがま近くの窓は閉めてください。
排気ガスが浴室内に入り、一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

ページ上部へ
禁止

浴室内にふろがまを設置している場合、浴室内でのスプレー缶使用やガス抜きなどは行わないでください。噴出剤として使用されている可燃性ガスに引火して火災となるおそれがあります。

ページ上部へ
機器本体に故障表示された場合は、使用を中止し、取扱説明書の指示に従って、対処してください。