正しく使おうキャンプでのガス器具

注意事項

屋外専用です。屋内・車内・テント内等で使用すると、一酸化炭素中毒死や酸欠による窒息死の恐れがあります。

屋外であっても狭い空間では換気にご注意ください。

ページ上部へ

こんろ等を2台以上並べて使用すると、ガスカートリッジが過熱し、爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

こんろで炭火をおこすと輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

空になったガスカートリッジでも微量のガスが残っています。このガスカートリッジを火の中に投げ入れたり、他の熱源の近くに置いたりすると、過熱し爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

再充てん行為及びその再充てんされたガスカートリッジの使用については、ガスもれ、爆発等の危険性が高く、安全を確保することができません。

ページ上部へ

炎天下の砂浜、河原、舗装路面等は非常に高温になっています。ここでガス器具を使用したり、ガスカートリッジを放置したりすると、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

直射日光の当たる車内等は高温になっています。その中にガスカートリッジを放置すると、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

ガス器具及びガスカートリッジ全体を囲んで使用すると、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

ページ上部へ

大きい鉄板、魚焼き器、セラミック付き製品等の調理器具は輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。