カセットこんろ、買い替えの目安は、10年

お使いになる前に、かせっとこんろの経年劣化をチェック!

クイズに答えて当たる!カセットこんろ買い替えおすすめキャンペーン!クイズの正解者の中から抽選で「鍋食材セット」が合計300名様に当たる!詳しくはコチラ

※飲食店など業務用でご使用の場合は、より短期間での買い替えをおすすめいたします。

ご存じでしたか?カセットこんろにも寿命があるんです。

カセットこんろのボンベを取り付ける部分には、“Oリング”という部品があります。“Oリング”は環状パッキンでガス漏れを防ぐための非常に重要なパーツなのです。

ただ、この“Oリング”はゴム製のため、使用頻度に関わらず経年劣化してしまいます。“Oリング”が劣化すると、ひび割れたり、変形したりしてガス漏れなどの危険性が高まります。

Oリング

チェックの目安は10年。

※1
製造年月を確認して、
メーカーにお問い合わせください

カセットこんろには製造年月の表示シールが貼ってあります。この表示を見て、製造後10年を超えているなら一度メーカーへのお問い合わせをお勧めします。

※1
メーカーによって使用期限は異なります。
10年を超えるカセットこんろでも、ただちに買い替え・修理の必要を表すものではありません。

製造年月の表示例

問い合わせメーカー一覧はこちらから

新しい製品は、安全性・機能性、使い勝手もアップしています。

安全性

圧力感知安全装置

カセットボンベが加熱されて温度が上がり、内部圧力が異常に上昇して0.4〜0.6MPaの範囲になると、自動的にガスの供給が止まり、火を消します。

容器装着安全装置

容器装着安全装置とは、器具せん(または火力調整つまみ)が【消】に戻っていないと、カセットボンベがセットできないようにした装置です。

誤装着防止機構

誤装着防止機構とは、カセットボンベをセットする際、正しい位置でないと装着できない、もしくは使用できないようにする機構です。

しる受け反転防止装置

しる受け反転防止装置とは、しる受けが反転していて、正しくセットされていない場合、ごとくが水平にならず、鍋などが置けないようにした安全装置です。

機能性

最後まで火力を落とさず、ガスをほぼ完全に消費できる。
加温装置(ヒートパネル等)

カセットボンベを使用する器具は、時間とともに火力が低下する性質があります。これは燃焼による気化熱の影響でカセットボンベの温度が低下し、ガスの気化が低下してしまうからです。

これを補うためにカセットボンベを適度に暖めて器具の火力を維持させるための「加温装置」が取り付けられています。これにより最後まで火力を維持し、またガスを無駄なく消費することができます。

加温装置搭載

鍋シーズンの前に“カセットこんろ”をチェックしてみてください。冬の家族団らんは安心・安全な“カセットこんろ”で。

鍋シーズンの前に“カセットこんろ”をチェックしてみてください。冬の家族団らんは安心・安全な“カセットこんろ”で。